スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

褒めてもらいたがる子

褒めてもらいたがる子と、そうでもない子とがいる。
不退転の覚悟で消費税増税を掲げた現首相などは、
褒めてもらいたがる子の典型かもしれない。
日本の財政を復活させるべく、近視眼の国民の声を押さえ込み
勇気を持ってことに当たった首相として
褒めてもらいたいように見えてしょうがない。

ふつう不退転の覚悟などと言うのに、
消費税を上げるのは少し違うのではと感じている。
自らの身を切り、行政改革を推進し、歳出の無駄を排除することに
不退転の覚悟で臨むのだというのなら、分かる。
しかしそれらのことは一朝一夕にできることではない。
財政は日々悪化の道を辿っている。
ゆえに国民もまた自らの身を切って、消費税増税認めてもらいたい。
不退転云々というのは、本来そういうふうに使うものではないだろうか。
誰かが言っていたが、ガソリンタンクの漏れを徹底的に直すから、
ガソリンをもっと淹れてくれ、そうでないとエンストしてしまい
立ち往生することになる。どうかよろしく頼む、と言うのなら分かるけれど、
ガソリン漏れの方はしばらく手がつけられない。
だがこのままではガソリンがなくなるから、
至急ガソリンを淹れさせてくれ、と不退転の覚悟で言われても
地面にガソリンをぶちまけるだけと分かっていることに
賛成する者はいないだろう。

褒めてもらいたがる子は、先生の言葉にすぐに反応して優等生的に振舞いたがる。
そうだ、そうなんだ、僕が不退転の覚悟で頑張らなければいけないんだ。見ていてください、先生。
ところが世の中はそう単純でもないので、誰も褒めてくれない。かえってしらけてしまう。
ヒロイックに力みかえっていたのに、思惑が外れて、どうやら最近は少し拗ねはじめている。
首相の姿をテレビで見るにつけ、そんな感じに見えてしょうがない。



■広告
わが街情報誌「One Mile」
学園前を中心とした奈良市西部や精華町の人々を取材した情報誌です。
この地域の美容室や携帯ショップ、カーディーラー、カフェなどに置いてあります。
ぜひご覧になってください。
IMG_0588_convert_20120209105351.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

nobgeko

Author:nobgeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。