FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

もう終わりと言うには早すぎて、
さあもう一度と言うには遅すぎる。

ありがとう。

ユニヴェさんて人からファンレターみたいなのを貰いました。
どうもありがとう。

ただこれが本当のファンレターなのか、新手の勧誘手法なのかわからず、
デジタルコミュニケーションにイマイチ不慣れな五十代後半、還暦間近な男には
こんなかたちでお答えすることしかできません。
お許しあれ。
もし良ければこれも小生が書いている「ちかばねっと」というサイトも覗いてみてください。

と、ここまで書いて、これが新たな勧誘だとしたらお笑いだねと思ったのだが、
ま、いいか。

こんな日々

それについて何かを言おうとすれば言えるだろうし、
何かを言えばなんだかわかったようなつもりにもなるかもしれないが、
それはそんなことにお構いなしにやっぱりそこに立っている。

喜ぶわけでも怒るわけでもなく、悲しんでいるようでもない。
まるで何事もなかったかのようにそこにいる。
そんな姿を見せられると、さらに言い募りたくなり、
だが言葉を繰り出せば繰り出すほどに空回りはひどくなり、
ひとりこっちだけが熱を帯びて消耗するばかりだ。

ふと見ればそれはさほど遠くに行くわけでもなく、背中を見せて立っている。
その背中がひょいとこちらを振り向きそうで、
で、また言葉を投げかけて何かをつかんだように思いかけるが、
やっぱりそれはそこにのそっと立っているばかりで、少しも動いた様子がない。
徒労だ。ほんとにそう思う。ほんと徒労・・・。
だけどそれを感じると、またぞろ言葉がもぞもぞと動きだすのだ。
性懲りもなくね。
へっ、因果なものさ。

まずは最初の日

年が明けて、またひとつのサイクルが始まる。
新たな一歩とか、前進とかチャレンジなんてそんなうっとおしい言葉はやめて、
またやり直すことができることに感謝するぐらいがちょうどいい。
うまくいかないことをいくつも経験すれば、少しは賢くなってもいいはずで、
そのはずなのだがやはりうまくはいかないわけで、何度も何度もやり直すうちに
少しはましになっていくことを望むしかない。
さてあと何度やり直すことができるのかわからないけれど、
まずは寒さの中で一番最初の日を終えることにしよう。

追伸
賀状を頂きました方々に。
永き喪の途上ゆえ、
欠礼のこと、
ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

私信 K夫妻へ

私信です。
K夫妻へ。クリスマスカード届きました。
どうもありがとう。
プロフィール

nobgeko

Author:nobgeko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。